ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:■こころ( 34 )

■不安やストレス

どの仕事をしても、少なからず不安やストレスは付き物。私も教えることは楽しんでやってますが、それ以外でのOFSTED(学校監査)などでは、やはり相当心配になります。

学校内外部から、学校調査のようなものがあります。我が校は新設校なので、ほぼ毎週監査状態。ピリピリがとまりません(T_T)

週末は家族と過ごすため、のんびりしてます。でも不安が募ると、とにかく断捨離に走る私。子どもたちが映画などを見てる間は、猛烈に片付けに走ってます。とにかく何も考えない時間がストレス発散になってるみたい(笑) 断捨離をすると、快感で快感で。

これから子どもたちとバナナケーキを作ってきます。


[PR]
by momolondon | 2017-02-04 23:54 | ■こころ

■引き締めないと…

夏休みに入ってから、私の脳みそは完全にホリデーモードとなり、自分でも呆れるようなミスを連発してます(-_-)

大体、日程に関することなのですが、ダブルブッキングしてしまったり、日にちを間違えたり、忘れたり…

携帯などのアプリで予定を確認するのが苦手なアナログな私は、いつでもどこでも、基本的に分厚い手帳を持ち歩いているのですが、夏休みは手元に置いていないので、見事に予定がわからないのです。

義父母の自宅がある街に住む日本人のお友達とも再会を約束した日に、義母に日程を伝えたら

「あなた、その日は(夫と)結婚記念の旅行に行く日じゃないかしら?」

ということもあったし、子供達のチャイルドケアの手配でも似たような凡ミスをやらかして、義母が訂正してくださったり、多分…いや、絶対に義母は

相当、呆れ返ってることだと思います。。。

お優しい方だから、私には言わないけど、多分、お友達には呆れた嫁だと言ってるかもね〜(-_-) だって、本当にびっくりするぐらい抜けてるだもん。反省です。これくらいで済んでるからいいものの、もっと気をつけなきゃ。


[PR]
by momolondon | 2016-08-25 23:02 | ■こころ

■謎が解けた

なんでこんなに疲れが取れないんだろ〜(>_<) と不思議だったのですが、よくよく考えてみたら、日本里帰り3ヶ月前から

■フルタイムで教育実習
■論文提出に、プレゼン@大学
■就職活動
■新しい仕事の引き継ぎ

などなど… 日本里帰り2日前までバタバタしていたのでした。

里帰り中は、ありがたいことに、上げ膳据え膳状態で、実家の母に甘えっぱなしだったのですが、実家と言えども、私が住んでいた頃の西日本の実家とは違う家なので勝手もわからず、ご近所迷惑にならないようになど、気を遣う面も多かったです。

我が家の大黒柱は、仕事の関係でほぼ実家にはいなかったので、母子3人のんびり過ごさせてもらいました。大黒柱が実家にいると、本人も気をつかうだろうけど、私も母と大黒柱の間でかなり気をつかうので疲れます。ついつい大黒柱のことを投げやりにしてしまって、悪いなぁと思います。

今回も、大黒柱と私の間で、1つ大揉めしたことがありました(T ^ T) 喧嘩まではいかないのですが… 今となれば、本当にくだらない笑い話なんですけどね。この件については、次の記事に書きます。

こんなわけで、もちろん里帰りは100パーセント楽しんだわけですが、気をつかう場面が少ないともっと楽しいかな、なんて思ったりもしました。



[PR]
by momolondon | 2016-08-14 00:07 | ■こころ

■予定詰め込みすぎ

来週から、大黒柱の実家に10日ほどお邪魔するのですが、仕上げたい仕事があって、子供達が就寝した後の時間を使おうと思っていました。

先ほど、大黒柱のお母さんこと師匠(と呼んでいる)と電話していたら、10日のうち、ほぼ予定がすでに決まっておりました。T_T 子供達が退屈しないようにと、目一杯計画を立ててくださったのはありがたいのですが、着いた翌日から2泊3日で師匠のお友達のお宅に滞在。つまり、私は仕事ができません… 

そのあとも何かしら予定が決定しており、今、これは時間がないと焦り、パソコンを立ち上げ、疲労困憊の体に鞭打って仕事し始めたら、ワードとパワーポイントが何故か立ち上がらない… パソコンが私に働くなと言っている〜(>_<)

私は基本インドア派なので、週末外出する、ときは、土日のどちらかにしたりしますが、師匠はフットワークがかなり軽いので、もうみっちり予定を入れます。もうビッシリです。

今回は私たちが師匠宅にお邪魔するので、あーだこーだいうなんて、とんでもないことですが、うーん、そのお友達のところに滞在するのはなーT_T なんてボツボツいってたら、大黒柱が「仕事があるっていって、行かなきゃいいじゃん」と。そんな簡単に言うけどねー(´Д` )

師匠も予定を決めてから「これで大丈夫かしら?」と聞いてこられるので、何とも断りにくいのです。でも私は多分、思ってることが出やすいみたいで、「あー、そ、そうですねー、はい…」と渋った感じで言ってしまうこともあり(はっきり嫌だと言えない情け無い性格)、今回もそんな感じだったのですが、まぁどうなることか。いやー、無理!って言えないっしょ!(>_<) だって、ある程度 予定固まってるんだもん。

この辺りの感覚のちがいは、なかなか合わせるのが難しいです。基本的に、室内でのんびりゆっくり(ダラダラともいう)したい私には、「ほら、太陽浴びましょうよ!外へ外へ!」というのは腰が重いことなのです。インドアな嫁で申し訳ないです。

それにしても、予定ぶっこみすぎやろ!と突っ込んでばかりいる私です。





[PR]
by momolondon | 2016-08-13 05:27 | ■こころ

■不安になると見る夢

イギリスに戻って、3日目です。まだ時差ぼけがなおらなくて、体がだるく、食欲不振と下痢が続いています(>_<) 昨日と違って、子供達を玄関先で遊ばせるのが精一杯。

a0335538_23385024.jpeg

こんなに快晴なのに、どこにも連れて行ってあげられないなんて残念(>_<) ま、仕方ない。

昨夜から仕事をしようとしていたのですが、いかんせん、気分と体力が仕事モードにならず、グダグダしてます。その焦りからか、睡眠中、教壇に立って指導したり、ひたすら教材を作る夢ばかりみて、起きたら疲れている始末です。

私が不安になると見る夢があります。それは、洪水や津波に遭うこと。学生のころは、津波の夢や、エレベーターに乗る夢(希望階にたどり着けない)が多かったけれど、最近は川などが氾濫して、水から逃げようとしている夢が多いです。私の中に焦りや不安が渦巻いている証拠だと思います。

前回、単独で里帰りしたときも、なかなかホームシックから抜け出すのが難しくて、かなり時間を要しました。今回も、ロンドンに戻ってからの方がホームシックがひどいです。自分で選んで、ロンドンに住む決意をして来ているんですけどね(T ^ T)

20代の頃は、日本からロンドンに戻った翌日でも、眠気と戦いながらも、仕事に出たり出来たものですが、今考えれば良くやったものだと思います。時差ぼけを解消するのに丸3日かかるのは、やっぱり歳のせいかな。

今回の里帰りでは、子供達もあまり手がかからなくなり、機内でも自分たちで観たい映画を選んで見たりと、かなり楽をさせてもらいました。

来週から、大黒柱の実家に10日ほど滞在予定で、ロンドンに戻ったら、すぐ通勤開始です。

あ〜、家でできる仕事をしなきゃな〜。今週末までフラフラしようかな(T ^ T)






[PR]
by momolondon | 2016-08-12 23:36 | ■こころ

■余計な一言

私の苦手とする、通称:達人(♀) は近所のママさんなのですが、最近では挨拶こそするものの、私自身は距離を取っています。

ただ夫は、子供たちが遊ぶ分にはいいんじゃないかということで、私がいないときは、そのママさんのお子さんとうちの子供を遊ばせてるみたいです。

そのママさんと私は、とにかく気が合わないうえに、話が噛み合わないのです。プライベートでは、合わない人とは会わないというのが私の決まりなので、必要最低限のコミュニケーションに留めています。

そんな折、そのママさんの子供さんの誕生日会の招待状を頂きました。あいにく、開催場所が不便な所(我が家は車を未所有)なのと、日本帰国2日前なので何かと買い物などに終われる(帰国ギリギリまで仕事です)こともあり、



誘ってくれてありがとう。
残念ながら出席できそうにありません。
誕生日会、楽しんでね。



と普通に御断りのテキストを送信しました。こういう時、大抵のママさんは「知らせてくれてありがとうね」という返信をくれることが多いです。達人の場合はね



◯◯くんが来れないなんて、可哀想。
大人の立場からすると、こんなに楽しい場所なんてないのに。



と謎のメッセージが(ー ー;) 可哀想と言われるほどのことでもないよなー。きっと、「残念ね」「とても楽しい所なのよ!また来年来てね」の言い間違いね!…といい方向に捉え直すことにしました。

開催場所が遠いから、達人の車で一緒に連れて行ってくれるという話だったらしいのですが、達人の運転は本当に怖いのです。一度乗せてもらったことがあるけど、ヒヤヒヤしっぱなし。だから子供たちだけでは絶対乗せたくないし、かと言って、私が付いて行くのも気が乗らず…

達人は、私が子供たちを参加させないって思ってるのかな。開催場所が近かったら行かせてるんだけどな。子供たちは、私と達人の関係とはまた無関係だし。だけど、なにかあると、こうやってトゲがある感じ。いつも一言多いんだなぁー。私が何かしたかー?!

今までの私なら、負けず嫌いだから返信してました。でも前にそれで嫌な経験をしているので、今回はそのまま流しました。丁重に断ったわけだし、私は何も悪いことしてないぞ。少し大人の対応ができるようになった私に花丸をあげたいです。わら

同じ土俵に立たないことが、この達人と上手くやっていく秘訣のようです。外ですれ違う時は満面の笑顔&挨拶、これで良し!




[PR]
by momolondon | 2016-05-25 23:06 | ■こころ

■「いいよ」の日

ここのところ、子供を叱るのではなく、感情的になって子供達を怒る日が続いていました。我が子の話です。

気づいたら、子供の心に耳を傾けるよりも、こうしたらいい、ああしたらいいと、私の意見ばかり押し付けて、ダメ出しの嵐でした。猛反省(>_<)

親子の関係についつい甘えてしまって、私も感情的になりすぎてしまってました。寝顔を見て、「怒ってばかりでごめんね」とさらに反省。

そんな今日は、命の危険がない限り「いいよ〜」と言ってみることにしました。いつもダメばかり言ってますから(>_<)

火曜日と木曜日はお勉強の日なのですが、これも「今日は火曜日だけど、どうする?」に留めてみました。そしたら、なんと…



自主的にドリルを出してやってるーーーー!滝涙


何だぁ、ガミガミ言わなくてもできるまでに成長してたんだ… その後、夕飯の支度を手伝ってくれるというので、我が家の台所の広さの都合上、まずは長男だけを呼び、一緒に食後のデザートのアップルクランブルを作り、その後、長女を呼び、別の作業を一緒に行いました。

算数のドリルも大事だけど、お料理を通して、ハカリで重さを計ったり、オーブンの温度やタイマーをセットしたり(我が家のオーブンはアナログ)こうやって日常の中で実際に算数を身を以て体験するのもやっぱりいいなぁと思いました。もっと時間を作ってあげようっと。

猛反省のおかげで、本日は異常に冷静な私。いつもキーっ!となるんですけどね。ただ、冷静モードの私のときでさえ、キーっ!となりそうな瞬間もあります。元の性格上アツイので、ついついテンションがあがってしまうのです。でも今日は一瞬「これが実習先の生徒だったらどう対応するだろう?」とスーッと線引きが出来たんです。このおかげで、冷静モードを維持\(^o^)/ この線引き方法は私に合ってるかも。このあと、しっかり子供達と馬鹿騒ぎしましたけどね。馬鹿騒ぎは実習先の生徒とはできないもんね〜。

おかげで、アップルクランブルも美味しくできました。帰宅した夫に、今日はアップルクランブルだよって言ったら、「知ってるよ。(長男が)先に教えてくれたから♪」と。物凄く嬉しかったんだな、長男。

子供達の就寝前、長男がこんなことを言ってました。



ねぇ マミー。
今日は、僕も(長女)ちゃんも全然叱られなかったねぇ〜(^^)



(T_T) (T_T) (T_T) (T_T) (T_T)
母さん、滝涙アゲイン。
胸に突き刺さります。

私って、普段そんなに叱りまくってるんだなぁ(T_T) 子供達に気づかされることは果てしないです。

私が太陽でいると、何だか家の雰囲気もふわーっといい感じ。北風と太陽の意味を体得した私です。

私がやたらめったら叱り散らさなくても、子供達はわかってるんだな(>_<) そんな年齢に入ってきたんだな。

明日からも続けていこう。



[PR]
by momolondon | 2016-03-02 07:18 | ■こころ

■人の感じ方はそれぞれ

教職課程も後半にはいり、9月からの新年度に向けて、就職活動を始めている人もいます。

何だかまだまだ遠い世界のような気もするけど、そうでもないのかな(>_<) 色々考えさせられます。

同じコースの女性Aさんは、かなりやり手で頭脳明晰、優良生徒で、パートタイムコースの学級長も務めていて、かつ2児のお母さん。

私は個人的に素敵な女性だなぁ、と思っています。ところが、本日Aさん以外の別のクラスメイトと昼食をとっていたら、Aさんの話になって、「何だか、あの人ね〜」みたいな話になりました。

昔の私だったら、うわっ、嫌だな〜とモヤモヤしつつ、かといって、そんなことないよ!と言い出すわけでもなくて、さらにモヤモヤが募っていたところですが、今は「へぇ〜、そんな考えの人もいるんだ」とうまく線引きができたのでモヤモヤしませんでした。

その場は特に同意をするわけでもなく、そうなんだね〜とさらりと流しました。人の感じ方って、それぞれ何だなぁとしみじみ思ったところです。

Aさんは、お母さん的な存在で、進んでアドバイスを沢山くれるので、受け取る側が受け取ってもいいし、流してもいいと思うのだけど、流しきれずにせき止めて、愚痴っぽく言っちゃう人もいるみたい。

それぞれの選択なんですけどね。





[PR]
by momolondon | 2016-02-29 07:30 | ■こころ
来週末の論文仮提出に向けて、コースの学生は山場を迎えています。グループメッセージのやりとりも、「もう、頭がおかしくなりそう!」 「どうしよう!」と追い込まれてる感じです。

論文のタイトルは5つに分かれていて、そのうちの1つを選択するもので、大学でもタイトルごとにグループに分かれて、意見を交換したりしてきました。

私と同じタイトルを選んだ若い女性の学生さん。いつも静かで、もの大人しい方なんだけど、こんな頼りない私に(笑)何度も論文の質問をしてくれました。私も最初は真面目に即返信してたのですが、何だか違和感。え、なんだなんだ、何なんだ、この不思議な感じ。




はっ。わかった(´-`)




いつも色々質問メッセージをくれるのですが、私が返答したあと、「〇〇さんは、ちなみにどうしてるの?」と逆に同じ質問をした時には、返信がなく会話が終わってるーーーー!しかも毎回このパターン。笑 質問してきてるぐらいだから、質問されても困るんでしょうけど、こうじゃないかなって思うわ、位の返事があってもいいよねー。

情報は出来る限り共有したいと思ってるけど、なんだろ、シーソーに乗って、相手がいきなり下りて、私はストーンと落ちてしまうようなこの感覚。

だけど、これも私の期待しすぎのせいだなぁ。
「相手が返事してくれるだろう」と「期待して」、質問してるんだから。

同じことが何度も何度も続いたあげく、今朝は「論文助けて。参考文献何冊くらい読んだ?」とメッセージがきました。今回は「数えてないからわからないなー。ちなみに〇〇さんは何冊読んだの」と書いて、期待ゼロパーセントで返信しました。もちろん今回も返信ないですよ(笑) 期待してないから、腹もたたない。逆に笑えてきました。またかよー!

毎日のこの時間は、私の命の時間。人のことで悶々と過ごすなんて、勿体ない。というわけで、笑いに変えていってます。

頼りにされるのは嬉しいけど、負担に感じる時は、うまく断わろうっと。

[PR]
by momolondon | 2016-02-28 06:18 | ■こころ

■論文ひとまず完了

5,000字の論文をひとまず書き終えました。およそA4用紙13枚分です。学生の中には3日で書き上げる人もいるんだとか。私には信じられない話です。

大学院クラスになると20,000字程度の論文になるらしく、それに比べると随分少ないのだけど、私には結構の量です。

この36年で、今一番勉強してるかもしれません。高校受験、大学受験のときも、どこか諦めがあったというか、頑張りや踏ん張りが足りず、朝課外や塾にもにいかなかったり、とにかく100%の力で頑張ってなかったんです。もっと頑張れたのに、頑張れると知っていたのに、頑張らない選択をした私。

大学でも教職課程を取る選択もあったけど、当時は選択しませんでした。そうやって選択しないという選択をしたから、今の私があるんですけどね(^^)

小さい頃から、先生になるのが夢だった私。そんな夢さえもすっかり忘れていました。母が実家の整理をしていたら、私の小学校の卒業文集に、小学校の先生になりたいって書いていたそうです。それで改めて自分の夢に気づきました(笑)

ぼんやりと先生になりたい気持ちはあり続けたけど、教育学部に進学もせず、教職課程も取らず、先生になるという夢は叶わないと決めつけながら、教育分野で活躍したいと願っていた わけわかめな私(>_<)

私、頑張ることを後回しにしてきたのかな;^_^A

ここからが踏ん張りどころです。まずは自分が楽しまなきゃ!


[PR]
by momolondon | 2016-02-23 01:05 | ■こころ