ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:■PGCE準備( 16 )

■課題

大学から教職課程コースの開始に辺り
課題が続々出されています。



主科目の「英語」「算数」「理科」に関しては
まぁ、驚くほどの課題量・・・
コースが始まる前から
目が回ってます。



英語に関しては
推薦図書を読書することも課題の一つ。



【絵本】
Man on the Moon by Simon Bartram
Ahhh, Spider by Lydia Monks
This Is Not My Hat by John Klassen
Yo! Yes? by Chris Raschka
Augustus and his Smile by Catherine Rayner
Traction Man is Here by Mini Grey
Grace and Family by Mary Hoffman
Little Red Hood by Marjolaine Leray and Sarah Ardizzone
Sea Horse: The Shyest Fish in the Sea by Chris Butterworth
31 Ways to Change the World by 4,386 children,
we are what we do and You! by Nick Stanhope
The Promise by Nicola Davies


【小説】
 Northern Lights by Philip Pullman
 Goodnight Mister Tom by Michelle Magorian
 Wolf Brother by Michelle Paver             
Silverfin: The Graphic Novel by Charlie Higson and Kev Walker 
 The Invention of Hugo Cabret by Brian Selznick
King of Shadows by Susan Cooper
Wolves of Willoughby Chase by Joan Aiken
The Dad Library by Dennis Whelehan
Holes by Louis Sachar



小説に関しては
最低3冊を読むことが課題です。



絵本も小説もどれひとつ知らない!涙
「The Invention of Hugo Cabret」は
映画でみたことはある・・・くらい。ひぃ~!



「ごんぎつね」や「ちいちゃんのかげおくり」
・・・なら、知ってるんだけどなぁ。
なんて。汗



というわけで
図書館へ通う日が続いてます。
普段から日本語でも英語でも読書をしないので
読み始めは、苦痛でした。涙



でもやっぱり読書っていい!
表現力を増やすようその塊です。



息子と娘も図書館に登録して
早速、3人で図書館へ通っています。



「算数」と「理科」に関しては
1冊20ポンド(4000円弱)の本を
各教科3冊ほど購入することを
勧められているので
非常に物入りな我が家です。
7月8月は、ひたすら読書の私・・・



読む速度が非常に遅いので
間に合うか心配ですが。
やっと小説3冊目に突入です。



あと、学生ローンの申請が通りました。ホッ。
PGCEは9000ポンドの学費です。
(1年フルタイムコースで、180万円弱)
友達によると10年以上前は
たったの数百ポンドだったそうなのですが・・・・
(私の場合はパートタイム・2年コースなので
 1年に4500ポンドが大学に直接支払われます)



学生ローンの審査は
非常に時間がかかるということでしたが
流れはこんな感じでした。



a0335538_00250878.jpg




ローン申請の期限は5月31日まででしたが
実は5月末にフランスへいくのに
パスポートがいったので
身分証明として郵送できず
パスポートの送付が6月5日になってしまったけれど
一月かからず、申請が通りました。



本当は学生ローンも組まないでいたいけど
交通費・保育料だけでもかなりの出費。
致し方ない。



9月から、息子はYear 1へ
娘は幼稚園が始まり、私は大学生。



それぞれの新学期が始まりそうです。
夏休み、楽しむぞ~!
[PR]
by momolondon | 2014-07-14 15:46 | ■PGCE準備

■Pre-Enrolment

昨日、PGCEの前/仮登録のため
大学に足を運んできました。



今回は無犯罪証明(DBS 旧CRB)の為
- パスポート
- 運転免許証(with counterpart)
- Council Taxの文書
を提出しました。


これからDBSの確認作業が入ります。
同時に、Health Checkもされます。
この2件で100ポンドの支出!


また入学条件として出ていた
- IELTSの結果
- QTS(numeracy/literacy)の合格証
- 就業体験の証明書
の原本も提出してきました。


小学校での就業体験の際に
そこでボランティアをしていた
男性スタッフが同大学にいて
話をしたら、同じコースをとるみたい。


コースにすでに知り合いがいるとは
非常にありがたいです。
しかも奥様は日本人だそう。



これから学生ローンを組む手続きで
パスポートをローン会社に送ります。


パスポートが手元にないって
すごく怖いよ~!
すごく不安!
[PR]
by momolondon | 2014-06-05 01:08 | ■PGCE準備

■技能試験(国語)

12月に受験予定にしていた
国語の技能試験を
2月に延期していたので
今朝、受験してきた。



国語(英語)も正解率63%で合格。
決して厳しい試験ではないが
ちょっとしたミスが命取り[emoji:v-12]



試験はパソコンで行われ
以下4つのセクションが出題される。



単語を綴る問題
Punctuation(句読点を正す)
文法問題
長文読解



すべて選択問題で
エッセイなどはない。
意外とスペルなどは
あやふやに覚えているものね…[emoji:v-393]



通常45分の試験時間だが
私は英語が母国語ではないので
25%の追加時間がもらえ
計58分の試験時間だった。
(数学も追加時間をもらえたらしいが
その時は知らずに45分で受けた)




国語の技能試験も
無事に合格できた。
受験は3回までしかできないから
それがプレッシャーだった。



次はIELTS。
これが難関!



コース開始に向けて
一つ一つこなしていこう…
[PR]
by momolondon | 2014-02-08 05:36 | ■PGCE準備

■面接試験2

「行きたくない~!」
と何度も思っていた
Institute of Educationでの
PGCEの面接試験が無事終了。



無事終了というよりは
何とか1日を終えることができた
といったほうが事実。笑



前回のSt Mary's University College
(名前出しちゃった、・・・いっか)
での面接試験と内容はほぼ一緒。
ただ今回は
5分のプレゼンがあった。



本日だけで面接受験者は40名。
ここの大学は規模も大きいから
何百人と受験しにくるのだろう。


__________________________________


午前/8時45分集合)
- Induction

- Presentation(5分の個人プレゼン)
  面接官男性3人、受験者4名
  「人生における印象深い授業の分析」

- Collaborative task(グループ)

- English, Maths 筆記テスト



午後)
- 個人面接20分

- 必要書類提出(成績・身分証明書)



__________________________________



プレゼンは、3日かけて
夫と練習した甲斐があり
筋を通して話せたと思う。



討論は前回に比べ
自分の意見もしっかり
押し通しながら
周りの意見も聞くことができた。



英語の試験はGCSEのようなエッセイ。
数学の25問は・・・
文章問題が撃沈。涙
唯一、単語さえわからなかったのが



「Isosceles triangle(二等辺三角形)の
Line of symmetryは1本である
True or False? Explain it.」



Isoscelesは分からなかったが
三角形の種類だと推測し
正三角形ではない=二等辺三角形?
・・・まではわかったが
「Symmetryのライン」って・・・涙



自分の語彙力にがっくり・・・
数学は日本語でしか
学んでないから、というのは言い訳にすぎず。



面接はとにかく質問数が多かった。
前回は2,3問にとどまっていたが
今回は、



-自己プレゼンの評価
-他の参加者のプレゼンで記憶にあるもの
-過去の職歴が小学校教諭にどういかせるか
-職場体験で起こった難しい状況
-過去の職場での難しい状況を
 どう乗り越えてきたか
-大学の専攻と小学校教諭の相関関係
-2014年導入の新指導要綱の分析




・・・と矢継ぎ早にきいてくる。
前回の面接では
これらについては触れられなかったが
準備だけはしていたので
何とか答えることができたが
1,2度「うむ」と考えこむこともあった。



ただ「Errrm」や「well」だけは
(日本語だと、「え~っと」)
使わないように心がけただけでも
違ったかなとは思う。



自分の直感では
今回の結果も厳しい!



でも今の自分の知識は
最後の最後まで出し切った。
ねりがらし入りチューブが
平たくなるまで出し切った・・・
そんな感じの気分。



大学構内は、改装されたばかりのようで
ロンドン都心にしては
ピッカピカである。



ここに通う若い学生たちが
楽しそうにキャンパスライフを送っているのが
垣間見えた。
70年うまれの私は、ついつい
「あすなろ白書」を思い出した。
古い・・・笑



このキャンパスにくることは
もうないだろうから
色々見納め、歩き納め
キャンパスの雰囲気を
十二分に味わうことが出来た。



今回も勿論真剣に挑んだが
「落ちても無くすものはない」
という安心感から
「経験を積んでくる」
という目標のほうが大きかったので
半ばリラックスした気持ちで
参加できてよかった。



・・・って、あれだけ
「行きたくない」を連呼してたけど。
でも、参加できてよかった。



正直、我が家から徒歩圏内の
第一希望のSt Mary's大学には
受かりたかった・・・。
ただ何かが「違うな」
・・・と感じた直感。
合格しなかったのは
能力が足りなかったという現実だが。




だいたい、2大学の面接にまで
こぎつけただけでも奇跡だった。




8月からUK Naricで
証明書を発行してもらう作業から
紆余曲折をへて
無事に面接を終了でき
感謝の気持ちでいっぱいだ。




よくがんばった、自分。
英語が母国語の現地人と
よくここまでやれたぜ、自分。




今夜はカラムーチョとカールで
一杯やるか。
[PR]
by momolondon | 2014-01-09 20:35 | ■PGCE準備

■行きたくなーい!

来月9日
別の大学から入学面接に
呼ばれている。
今の正直な気持ちは




行きたくなーい!




駄々をこねるわけにもいかないし
与えられたチャンスを
逃したくはない....
けど、気持ちが向かない。




準備が大変なのもあるし
自分を追い込むのが
きついんだな、きっと。
追い込まなくても
素の自分でいけばいいんだけど。
ぐるぐるしてるな[emoji:v-406]



それもあるけど
思いを掘り下げると
【怖い】んだと思う。



自分が思ってるようなことなんて
他人や面接官は
思ってないかもしれないのに
自分で自分の首を締めてる感じ。




面接にまでこぎつけたのだから
ダメもとで行こう。



大丈夫、失敗する!
(↑ぢんさんのブログより)
そう、失敗は想定内。
失敗しても
それでも大丈夫な自分を
それでも失うものはない自分を
そして、それでも幸せな自分を
確認しに行こう。



そうすれば、合否関係なく
自分の最善が出せるはず[emoji:v-154]
[PR]
by momolondon | 2013-12-30 05:41 | ■PGCE準備
PGCEは、コース開始前に
基本技能テスト/QTS skills tests
=読み書きと計算技能試験
両試験を合格していることが
条件になっている。




しかもこの技能試験
正解率63%以上が合格で
3回まで挑戦できる。




ところが3回目失敗すると
先2年間の技能試験受験資格が
剥奪されてしまうのだ。
(前は何度でも受験可能だった)
このプレッシャーが怖い。涙




PGCEに合格不合格関わらず
この技能試験を
受験することにした。
本当は面接不合格の時点で
この試験の受験はやめよう
と思ったけれど
一応勉強もしてきたし
一回目の受験は無料だしね。




というわけで
ひとまず計算技能試験だけ受験。
朝8時開始の受験会場へ[emoji:v-394]
(午前6:45に家を出発!)




身分証明書2点
試験予約の文書を提出
荷物・携帯・時計をロッカーへ入れ
試験担当官に指示を受け
いざパソコンで試験開始。




計算技能試験は
聞き取り問題が12問
(回答時間は一問につき18秒)
読み取り問題が16問。
試験時間は合わせて48分。




聞き取り問題は
問題なかったけど
読み取り問題が練習問題より
難しく、焦ったー!
いやーな汗が出て
涙まで出そうだった。




試験が終了し、もうゲンナリ。
練習問題では平均8割強取れたのに
いやー、この試験は
勘で答えたものも2.3問。涙
絶対に落ちたー!




がっくり肩を落として
受付に結果を受け取りに行く。
会場は免許のセオリー試験も
兼ねているようで
若者から年配の方までいた。




a0335538_00250788.jpg

うっそーーーーーー!
奇跡が起きたよー!




こんなにニヤケ顔が止まらないのは
いつぶりだろう。
ついつい日本語で
ヤッター!ヤッター!言いながら
キングストンの街を後にした。




先日の面接はだめだったけど
Numeracyの試験は
一発で受かったし
いい感じで今年を締めくくれた。




少し自信がついたな。
よくがんばったな、自分[emoji:v-218]



ご褒美にブーツ買おっ!
[PR]
by momolondon | 2013-12-15 22:02 | ■PGCE準備

■面接結果

結果からいうと
不合格でした[emoji:v-406]



徒歩圏内の大学だったので
通えたら良かったけど
やはりレベルがかなり高かった!



私は知らなかったのだけど
イギリス国内トップクラスの
コースだったらしい。
面接のときに知らなくて
逆によかったかも。笑



不合格の原因を
現在、確認中。
次の面接につながりますように。



小学校教諭のコースは
本当に人気が高く、狭き門。
それがパートタイムコースになると
さらに倍率が高くなる。



受験生は、もう何年も
ティーチングアシスタントを
していたりと
経験の差もかなり感じた。



もっと経験がいるなぁ[emoji:v-413]
というわけで
今年の受験は
経験を積むことに重きをおこう。



次の面接もポジティブに
受験してみよう。
沢山のものを得られるはず。
[PR]
by momolondon | 2013-12-14 23:20 | ■PGCE準備

■面接試験

とある大学のPGCEコースの
面接試験にいってきた。




午前9時半から午後3時までの
丸一日がかりの面接試験。




-------------------------------


【午前】

■ 必要書類提出・確認
■ 国語(エッセイ・現在の教育問題について)
■ 算数(ローマ数字、3D Shapesなど)
■ 大学構内案内・見学


【午後】

■ 少人数グループでの討論・プレゼン
 (Behaviour managementや
  SENについて)

■ 個人面接(約15分)



-------------------------------




スタッフが親切で優しい方ばかりで
本当に救われた。
でも笑顔の裏側では
しっかりジャッジしてるんだよね。。。



受験生は、来年6月に卒業する
20代前半の若者が3分の2
残りは、すでに学位を取得した
私のような30代~の女性が多かった。



1日中緊張しっぱなし。
唯一ありがたかったのが
同じ受験生のうちの一人が
私と同じように家庭を持つ方で
その女性と話ができ
気がまぎれたことだった。




結果は2週間以内に
知らされることになっている。




自分の最善は尽くせた。
事前に沢山勉強・準備もしたし
あれ以上の自分は出せないから
これでダメなら
それはそれで納得。




残念に思うとすれば
日本から何度も証明書を取ってくれた
実母と妹、
面接の練習などしてくれた、夫
心配してくださっている義母
・・・の期待に応えられないことだと思う。




とにかく受験生のレベルが
非常に高かったな~。涙
[PR]
by momolondon | 2013-12-13 22:37 | ■PGCE準備

■PGCE願書の流れ

PGCEコースの受験受付は
11月21日から始まっている。
レファレンスを2名から
レファレンスを提出されるまで
出願ができなかったので
11月26日に願書を提出した。



願書受付はUCASという業者が
一斉に書類を受け付ける。
大学に直接願書を出すわけではない。




GCSEの取得レベル
大学の学位と取得単位科目
Personal Statement・・・など
願書を記入するだけで
丸2日かかった。



願書提出翌日に
希望する3大学のうちの一大学から
面接をするのできてほしいという旨の
Eメールが届いた。



とにかく提出書類が多い!
当たり前か。



- 職場体験先からの証明文書
- 職場体験の感想(A4サイズ1枚)
- Interview Pack
- 学位証明書
- 成績証明書(GCSE)
- 成績証明書(高校・大学)
- UK NARICからの文書

(後の犯罪証明を手続きのために)
- パスポート
- 結婚証明書
- 銀行からの文書



秘書をやっていたことがあったので
このあたりの文書集めは慣れているが
それでもかなり大変だった。




永住権申請したときも
なかなか大変だったけど
優るとも劣らない多さだったな、ウム。
[PR]
by momolondon | 2013-12-12 22:35 | ■PGCE準備

■脳みそが筋肉痛

現在、緊張中の私。



来週には、とある面接
さらにこれとは別に
再来週には基本技能テストを
(QTS skills tests
=読み書きと計算技能試験)
受験することになっている。



脳みそが筋肉痛・・・



夫は私が経済学部出身だから
「計算はお手の物」だと思っている。



何を隠そう、私は数学が苦手な
経済学部出身者。涙
基本的に論理を学ぶ教科を取得した。
(計算が必要とされる教科もあったが)




こんなわけで近頃は
センター試験以来
あ、GCSE受験以来の
受験勉強のために
寝不足が続いている。




だけど私のプライオリティは
大事な大事な子供。




当たり前だけど、長男には
(給食には頼らず)お弁当も作る。




自分の寝不足は
下の子の昼寝時間にあわせ
がっつり睡眠。
こうして上手にバランスをとっている。
じゃないと発狂しちゃうもんね。
発狂するくらいなら
この選択はあってるとはいえないし・・・




今宵も数字と英語と向き合うぞ~。
[PR]
by momolondon | 2013-12-07 23:20 | ■PGCE準備