ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

◼︎Phonics Screening Check/フォニックス統一試験

毎年、5〜6歳児を対象とした国の統一試験、Phonics Screening Check が小学校で実施されます。単語40個(実在する単語、実在しない単語)をフォニックスの知識を使って音読する試験です。

ちなみに合格ラインは2016年までが40点中32点。2017年度は合格ラインが上がるかもしれないという噂もあります。

私はYear1の担任教諭なので、今年の最大チャレンジはこのフォニックスの試験でした。

理事長先生から合格率100パーセント目標を言い渡されていたので、プレッシャーはものすごいものでしたが、使用しているフォニックスの教授法(プログラム)には絶対の信頼があったのと、理事長先生や補助教員のサポートのおかげで、無事に全員合格、100パーセント達成となりました。

一般的な目標値は85パーセント。理事長は前職から、(ほぼ)100パーセントを貫くことで有名な方です。

5〜6歳児にそんな試験を課すなんてかわいそうとも思いますが、読めると書けるし、逆に文字を読む知識がないと様々な科目で支障をきたす恐れがありうるので、読めたほうが
いいにこしたことはないよね、という意見にスタッフ間で落ち着きました。

こちらがその試験の過去問です。

金曜の昼に、すべての児童の個別試験を終了した私は、肉体的精神的にもフラフラ。ゆっくり昼食を取ろうとし始めた時に、受付の事務長から


今日の午後の体育は、サッカーのプレミアムリーグのコーチが今日授業見学にくるから、よろしく。


とのことで、慌てふためく私。この話についてはまた次回書きます。

この体育の研修授業のおかげで、疲労度は一気に100%を超え、帰宅の車の中でぼーっとしてました。危ない危ない。

明日は土曜日。ゆっくり寝たいなー。


[PR]
by momolondon | 2017-06-17 06:24 | ■教員生活