ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

■秋学期何とか生きてます

秋学期後半も半ばにさしかかりました。ハーフタームが終わった翌週は、保護者面談があり、放課後すぐから6時過ぎまで、一家族10分という短い時間の中で、親御さんと話をさせてもらいました。

その週末は、義母が予約してくださっていたノッティンガムのセンターパークスへ行っていたので、行きは夜道を4時間半、帰りも夜道を3時間半を1人で運転したこともあり、まー、週末はあってないようなもので、すでに月曜から疲労困ぱい(涙)

さらに追い討ちをかけるように、今週はイギリスの教育省から監査員がきていたので、神経がすり減りまくって、もうヘロヘロです。

我が校は新設校なので、Ofsted(学校監査)こそ未だないものの、国内の学校の質を保つために、教育省から直々に監査員がくることになってます。この監査員の女性は元Ofstedの監査員なので、Ofstedが来たのとほぼ同じだったそうで、みんなかなり緊張しましたが、普段やっていることを監査してもらいました。

非常にポジティブなフィードバックをいただいたので有り難かったです。

私はNQT(Newly Qualified Teacher)といって、教員1年生なので、右往左往するばかりですが、監査員がうちの校長に「momoは素晴らしい先生になるよ」とお墨付きをいただいたそうで、頑張りがいもあるってもんです。

ま、朝6時過ぎには家を出て、帰宅は早くて5時、遅くて6時半。我が子たちを就寝させたら、それから2、3時間は仕事をするので、ものすごい時間を仕事に費やしてますが、好きでやってるので苦ではないです。

日本で英会話講師をし始めた頃、同じような感じで、休みは丸一日レッスンプラン立てたりしていたので、現状は想定内ですが、まー、なんてったって、あれから10年以上たってるので、体力がついていかなーい(T_T)

そして、私の優先順位は家族。仕事はそのあとなので、時間を効率よく使わなければなりません。なかなか難しい〜。

今学期残すはクリスマスコンサート。それを頑張れば、日本から実妹が冬季休暇で来英予定なので、踏ん張って乗り切ります!





[PR]
by momolondon | 2016-11-26 08:31 | ■教員生活