ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■心のブレーキ



明日から新しい学校の
レセプションで実習開始。
学校の副校長先生と
クラスの担任の先生に
連絡がつきました。


前回の学校では
【9時前に受付に来てください】
これだけの指示だったけど
今回の学校では
詳しい指示と月曜日の流れが
説明してありました。
温かい歓迎がありがたいです。


とても楽しみにしているのに
怖がりな私がチラチラします。


この心のブレーキの原因を
じーーーーっと
感じてみることにしました。


すると、じわーっと思いだしました。
高校受験生を控えた
中学生時代に遡ります。
我が家は母が一人で
私と妹を育てていたので
色んな意味で余裕がありませんでした。


今でこそ笑い話ですが
当時の母が私に繰り返し言った言葉


「公立高校に受からなかったら
私立高校には行かせられないから
就職してもらわないといけないよ」


第一希望だった高校から
一つレベルを下げて
英語科を受験しました。
でも英語が大好きだったから
ワクワクした想いもありました。
そして、無事に合格したのですが
高校に入学しても


「一つレベルを下げたんだから」
「〇〇高校に合格してたら....」


と言う母の言葉に
反感を覚えたのを思い出しました。
私は頑張っていたけど
その頑張りよりも
母は別視点を見ていて
あ〜、私、褒められたかったんだな
と気がつきました。


過去の経験から
頑張っても
頑張りを認めてもらえないのでは
という思いグセで
それを未来に当てはめるから
不安になり、怖くなるようです。


現在は過去の延長線上にはない


最近、目にした言葉です。
今日は今日、明日は明日。
毎日の積み重ねが大事なこともあるけど
一日一日
気持ちを新しくして
新しい自分に出会いたいと思います。


明日は、児童たちやスタッフと
1カ月ぶりの再会。
子供達は私のことを
覚えてくれているかな?
明日から6月までの
お付き合いが始まります。


楽しむぞー!058.gif









[PR]
by momolondon | 2015-01-12 02:18 | ■こころ