ロンドン現地公立小学校の担任教師として、新たなイギリス生活を歩み始めました。家では育児・家事で、てんてこ舞いの2児の母ちゃんです。


by まいたけ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■日英・小学校の違い

小学校で丸一日見学し始めて
日が浅いが
記憶が新しいうちに
日本の小学校と大きく異なる点
非常に驚いた点を書き留めておく。



ちなみに私が比べるのは
自身が小学生の頃との比較なので
時代的な差異も
大きく関係していると思う。



■基本的に教科書はない。
担任が用意するプリントや教材で
学習をすすめ
算数、国語はそれぞれのノートが
配布されるが、学校で保管

国語の本読みは
文部省推薦?指定?の
Oxford Reading treeの教材を
児童のレベル別に使用。



■児童のレベルに合わせた指導。
日本の小学校のように
みんなが同じ教科書を
使用するわけではなく
児童を5つのレベルに分けて
日替わりで一つの班を指導
(その間、他の児童は集会など
別の活動に取り組む)


■文房具も共有


■床に座るときは、男女ともアグラをかいて座る。


■黒板はなく、何もない白い壁に、教室の天井から釣り下げられたプロジェクターから授業内容が映し出される。つながれたパソコンから、先生がファイルを開いたり、タイプしたり、YouTubeから動画を拾ってきたりする。



■体育のヨガの授業も、体育館につながれたプロジェクターをつかい、YouTubeをつかって、ヨガをみながら、児童たちも挑戦してみる。ちなみに、マット運動のマットが薄い。



また、思いついたら書きたそう。
[PR]
by momolondon | 2013-11-03 13:25 | ■イギリス生活